パネル
購入数

BASTL INSTRUMENTS ユーロラック・モジュラー・シンセサイザー



BASTL INSTRUMENTSの「CV Trinity」には6つの独立したチャンネルがあり、それぞれ個別にAUTOMATION、LFOまたはADSRの各モードに設定することができます。6系統の独立出力と、選択されているチャンネルを切り替えて出力できるも装備されています。

各チャンネルには6系統のCV/GATE入力も用意されています。

クロックはインターナル、または外部クロックへの同期が可能で、では、クロックで刻みながら32ステップでオートメーション・カーブの録音が可能、自由な表現が可能になります

LFOモードはオーディオレートまでのRATE幅を持ち、圧倒的なコンビネーションを実現しています。LFOシェイプは、ランプ、トライアングル、インバートランプ、フロッピングランプ、ステップランダムなど、あらゆるバリエーションをセレクト可能、加えて個性的なXORウェーブシェーバーが、クリエイティブな変化に彩りを添えます。LFOはクロックやトリガーに同期、またはフリー走行させることも可能です。

ADSRモードでは、エンベロープをトリガーするためのGATE入力としてCV入力を使用します。リニアー/エクスポネンシャル・モード、ループモードなどの設定の他に、ADSRモードをHOLDモード(Attack-Hold-Release)に変更することもでき、多彩なエンベロープをクリエイトするADSRモジュールとして活用することもできます。

驚くほど完成度が高く、あらゆる可能性と偶然性を拡張できるモジュレーション/CVの「スーパーヒーロー」。イマジネーションを刺激し続ける孤高の傑作モジュールです。



★ 製品ページはこちら
http://umbrella-company.jp/bastl-instruments-cv-trinity.html

● 弊社オリジナル編集の"詳細日本語マニュアル"をご用意しております。





↓CV TRINITYの説明は7分40秒くらいからです!



カテゴリーから探す