受付を締めきりました。




あのブリープ博士が2年間もの歳月をかけて研究に没頭し、全く新しいサウンドとエフェクトを装備した異次元生命体「Thingamagoop 3000」を完成させた!「Thingamagoop 3000」は博士によると【New noise Hi-Fi synthesizer/effext/noise friend】とのこと




・16bit, 44kHz オーディオ入出力
・MIDI入出力(1/8″ドングル付属)
・USB端子(リプログラミング&MIDI)
・プログラマブルCV入出力
・ビルトイン・スピーカー
・ブラック、パウダーコート・アルミニウムの筐体
・9Vバッテリー または USBパワー
・4LED/8フロント・パネルカラー(More info soon)




(*オンライン・クレジットカード決済の場合には即決済になります。実際の納品は2016年2月後半以降になりますので、その旨はご了承くださいませ。銀行振り込み、代引き、お届け時カード払いも選択可能ですのでそちらをお勧めいたします。。)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


・SELECTボタンはノブでモードセレクトする際に使用
・BLEEPボタンはサウンドをアクティベイト(モメンタリー/ラッチが選べる)
・LEDacle ウェーブフォームを選択できる(Ramp to triangle to saw, pulse width of square, and glide for random.)

・5つのFXモードを搭載!
 *モジュレーション(Square/sine) – Tremolo to Tune in Tokyo.
 *レイト・リダクション – Smooth adjustment from a little buzzy to completely destroyed.
 *ローパスフィルター– Two pole filter with a slight resonance.
 *ディレイ – Microseconds to ~1 second of delay with a tape like response.

・Patches
 *バンドリミテッド・ウェーブテーブル・シンセ(リッチな倍音をもったクリーンサウンド)
 *スクエア、トライアングル、ソウ・ウェーブ(4オクターブのサブオシレーター)
 *デチューン・ソウ
 *トライアングル w/LFO(4ボイス・モジュレート)
 *サインAM+FM(4ボイス・インタラクト)
 *Vowels – ビンテージ・デジタル・ボーカルサンプル・モーフィング
 *ノイズ! – Pink, white, and Hypnotoad.

・Eye Switch
光センサーになっている眼球の機能を変更できます(周波数、パッチのコントロール、FXのコントロール)。パッチまたはFXが選択されたときにはノブは周波数をコントロールします。

・USB jack
Arduino IDEからのハック(リプログラミング)や、USB MIDIデバイスとしての機能を提供します。

・Audio Input
・AM square and sine
・Granular sample
・Glitch shift
・FFT sine reconstruction
・FFT AM

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


*Thingamagoop3000の使用方法については
以下のWebページから日本語説明書がダウンロード可能です。どうぞ皆様ご利用ください。
http://umbrella-company.jp/manuals/bleeplabs-thingamagoop-3000-manual.pdf


* 電源は電池または、USBより給電できます。
9V乾電池、またはUSB接続により電源供給が可能です。共に別売の為、お手数をおかけいたしますが一般的な9V電池、またはUSBケーブルから電源供給をお願いいたします。
乾電池の場合は容量が少ないと正常に動作しないので、動作確認にはUSBケーブル経由での電源供給がお勧めです。


・選べるステッカーやカラーについてはこちら
http://umbrella-company.jp/contents/bleeplabs-thingamagoop3000-color/