ロックな歪サウンドをコントロール。 フィードバックを操るHAVOCモードも搭載。


Caroline Guitar CompanyのWAVE CANNON MK2は、エッジの効いたロックサウンドに徹した歪ペダルです。
歪サウンドはFOCUS(中域)、TONE(高域)、RUMBLEスイッチ(低域)のコントロールで、ディストーション/ファズのミックス的サウンドから、ブースター的なクランチサウンドまでコントロールが可能。さらにHAVOCフットスイッチによる発振コントロールは圧巻。歪サウンドの渦の中に発振音をミックスした「轟音サウンド」や、シンセサイザーのようなサウンドを簡単に作りだすことができます。



HAVOCフットスイッチについて
キャロラインのペダルを演奏する醍醐味。HAVOCは右下に位置する2つめのフットスイッチ(ソフトタッチタイプ)。このフットスイッチを踏み続けている間、サウンドを発振させ、ギターのボリュームやピックアップセレクター、Wave cannon mk2の各ノブなどに反応して、バリエーション豊かな無限の発振ノイズ・サウンドを楽しめる。伸ばしたコードトーンの中に発振サウンドをミックスしながら、手元のボリュームを制御して発振トーンを変化させ、まるでシンセサイザーのようにプレイするなど、唯一無二の演奏が可能だ。発振サウンドを存分に楽しむにはエフェクトチェインの先頭、ギターの直後に接続することを推奨。



















*入荷時期によって筺体や印字のカラー、ノブの種類などの仕様が変わる場合がございます。


製品の詳細はこちら
http://umbrella-company.jp/caroline-guitar-company-wavecannonmk2.html