Big Reverb TI は深く、幻想的なリバーブサウンドに特化した個性的なリバーブペダルです。ほとんど永遠にも思えるほどのロングディケイはアンビエントなサウンドスケープに最適。またフットスイッチを踏みっぱなしにすることで、その間リバーブのディケイサウンドをホールド(持続)させ、そのドローンサウンドの上に更にサウンドを重ねて演奏することが可能です。ワンアンドオンリーの個性が光る秀作。















・アンビエントでスペーシーなリバーブサウンド
・ほとんど永遠に持続する残響の演出
・トゥルーバイパス、またはバッファードバイパスを選択可能
(電源投入時にフットスイッチを押したままにすることで選択可能)
・Mix, Decay,Reverb Levelコントロール
・9V(センターマイナス)ACアダプター専用





バイパスモードの切り替えについて

上記の動画のように、Big Reverb TIではバイパスのモードを2タイプで変更することができます。

1、バッファードバイパス
フットスイッチを押したままの状態で、ACアダプターを刺した時にLEDが1度だけ点灯する場合には「バッファードバイパス」モードです。このモードではフットスイッチを踏んでエフェクトをオフにしてもリバーブの残響音が残ります。上記の動画のようにフットスイッチを上手に使用し、リバーブの残響音にドライ音でのメロディラインを追加したい時などに最適です。

またこのモード時には「HOLD機能」が有効です。エフェクトがオンの時(LEDが点灯)に、さらにもう一度フットスイッチを踏むと、踏み込んでいる間LEDが点滅し残響音をドローン再生します。この時ドローン音に対して新たなサウンドを重ねて演奏することができます。この時のオーバーレイするサウンドはドライ音(リバーブのかかっていない音)になります。


2、トゥルーバイパス

フットスイッチを押したままの状態で、ACアダプターを刺した時にLEDが2度点灯する場合には「トゥルーバイパス」モードです。このモードではフットスイッチを踏んでエフェクトをオフした瞬間にリバーブの残響音もカットします。

またこのモード時には「HOLD機能」は無効です。エフェクトがオンの時(LEDが点灯)に、さらにもう一度フットスイッチを踏むと瞬時にバイパスになります。




製品ページ
http://umbrella-company.jp/zcatpedals-big-reverb-ti.html