FMR Audio 「RNLA」はクリーンで色付けのないコンプレッサーに仕上げられた「RNC」に比べて、パンチ感や押し出し感の強い、ビンテージ系機器のサウンドを持っています。そのRNLA7239をAPI500シリーズ(VPR Alliance)に適応させ、バランス入出力を備えたシングルチャンネル・モジュール化した製品がRNLA500です。

コンプレッサーとしての基本コントロールを全てノブで調整できる設計によって、RNLA500の太くパンチ感のあるコンプサウンドを、ボーカル、ベース、ドラム、ギター、ピアノ、オーケストラからバンジョー、もちろんミックス音源にまで音源・ジャンルを問わず使用できます。

RNLA7239ではアンバランスの入出力とACアダプター仕様であったため、その要望が多かったにも関らず業務スタジオの現場で使用されることは少なかったのですが、RNLA500では API500ラックからバランス入出力のプロレベルのシグナルをやり取りできるようになりました。正に自宅のベッドルームからプロスタジオの現場まで、どんな場所でもRNLA特有の価値のあるサウンドキャラクターを試すことができます。

RNLA500の太く、滑らかなアナログサウンドはどんなデジタル・プラグインよりも温かみを持ち、サウンドに “ソウル”を吹き込んでくれるものです。
またRNLA500のサウンドクオリティは、間違いなくスタジオにある$2,000を超えるようなハイエンドなコンプレッサーと比較しても遜色の無い、またはそれ以上の価値のあるものです。是非ご自分の耳でお確かめください!




製品の詳細ページへ