CIRCUIT BENT Speak & Math with LFO

31,500円(税込34,020円)

* 本製品は一点ものです。売れ切れはご容赦ください。


サーキットベンディング定番のSpeak & Math が今回bogus noiseの犠牲になりました。英国のサーキットベンディング界の奇才 bogus noiseならではのヘビィなBENTが施されています。計算の勉強を閻魔大王のような断末魔の叫び声により遂行することができる他、様々なエフェクトにより周辺の人に嫌がられることが可能です。買えば嫌われると思いますし、こんな無駄遣いをするのなら私に真珠のネックレスを買ってくれるとか、回転ずしで色のついたお皿で食べさせてくれるとか、いつもより高い回転ベッドのついているお部屋にしてくれるとか、そういう気持ちとか思いやりはないわけ?とか彼女に言われて今夜は良い事がまったくない。などの苦難や苦行、困難などがあるでしょう。


■ ピッチノブ
■ 2 ピッチベンディング
■ 5 グリッチ・スイッチ
■ Twistスイッチ
■ LFO Rate ノブ
■ LFO Rate LED
■ LFO Shape ノブ
■ LFO Depth ノブ
■ Loop
■ 2 Loopモード
■ Loop アドバンス
■ リセットボタン
■ 2 ディストーション・ノブ
■ 2 ディストーション・スイッチ
■ 1/4" 標準ジャック・ライン出力


*単二電池×4本で動作します(今回は特別に電池サービスで付属します!)





【使い方ガイド】
サーキットベンディング製品ですので特に「こう」と言った使い方はないので試行錯誤して使い方を学んでください。ここではかんたんなガイドのみ説明してみます。

・プロセッサーがハングアップする場合にはリセットを押して、ONボタンを入れなおしてまた演奏してください。
・電源がオフになったり、ハングしたらRest押してONしなおしてください。ハングしないように操り続けるのが「技」です。
・音がでている時にLOOPINGの赤いボタンを押すと吉。タイミング悪ければ地獄。


本製品はTEXAS INSTRUMENTS製品の玩具(中古品)を英国のbogus noiseがサーキットベンディングした製品です。故意的に回路を不安定にすることでノイズやグリッチ音を出すものですのでご理解いただける方のみご購入ください。また本体は中古のため傷や汚れがございます。* 本製品は一点ものです。売れ切れはご容赦ください。





カテゴリーから探す