2000年代を代表するレコーディング機器デザイナーであり、ギタリストでもある「ウェイド・ゴーク」が数年にわたり情熱を注いできたチューブ・ギターアンプ。

EMI・アビィロードスタジオのTGシリーズいおける業務提携や、Germaniumシリーズにおける現代版ビンテージサウンドの開発など、新しい波を常につくりだしているCHANDLER LIMITEDならではの堂々としたギターサウンドをご堪能ください。



伝統的な英国ビンテージサウンドを新しい手法で再現


Chandler Limited GAV19Tは英国製のビンテージ・ギターアンプ、Selmer、Watkins、18WのオールドMarshallやVox AC15などの系譜に連なるオールチューブ(2×EL84、ECC83、 ECC803、EZ81)、19Wのヘッドアンプです。

あのEMI / アビィ・ロード・スタジオの機器開発パートナーでもあり、ギタリストでもあるWade Goeke が数年をかけて開発したオリジナルデザイン。ビンテージの伝統と独創的な発想が見事にマッチしています。

GAV19Tのサウンドは伝統的なビンテージ・アンプトーンですが、Goeke氏による回路デザインは完全に革新的なオリジナルです。ゲインステージの BIAS を変化させることで多彩なビンテージアンプのキャラクターを表現、さらにINTENSITYスイッチで全体のトーンを変化させることもできます。また力強く、明瞭なサウンドのDRIVEコントロールは「美しくリッチなブリティッシュ・ビンテージトーンの歪み」を余すことなく再現。トーンコントロールは "Baxendallスタイル"のイコライジング回路による、極上のプレゼンスとサステインが特徴です。Chandler Limitedが過去に発表してきたスタジオレコーディング機器に同じく、GAV19Tはたいへんファットな「ビンテージトーン」を解き放ちます。

全ての作業はハンドメイドで一台一台ハンドワイヤーで丁寧に組み上げられています。



製品ページへ



カテゴリーから探す