購入数

ブライアン・イーノやデヴィッド・バーンもお気に入りでミックスCDまで発売され、New Yorkerや Wall Street Journalでも取り上げられるなど、いまや世界的に有名になった現代版唱佛機 「ブッダマシーン」の第四段!


知らない方のために説明を簡単に。Buddha Machine は北京の電子音楽集団FM3 によって製作されるコンパクトなドローン再生機。単三電池駆動で内蔵のスピーカーから瞑想的アンビエント電子ループが流れ、心をじゃぶじゃぶ洗います。またボリュームとピッチコントロールのダイヤルがあり、全部で9つの静寂で美しいループを切替えながら再生できます。

一日中流しっぱなしにしても心地良いし、作品に混ぜてもナイスですし、ライブでピッチをぐいぐいしながら演奏しても良いし、リラックスな時間にドローンに身を漂わせで瞑想したって良い。使い方はあなた次第です。

Buddha Machine4では目に鮮やかな4つのネオンカラーが用意されています。
プレゼントにも素敵ですよ。



Track List: 01/ Hao 02/ Da 03/ Lang 04/ Gang 05/ Zai Gang 06/ Hou 07/ Guan 08/ Yi 09/Mu


■ブッダマシンとは?

Buddha Machine(ブッダマシン)は北京在住の現代音楽の作曲家であるChristiaan VirantとZhang Jianにより2005年より発売されています。古くから中国にある本物のブッダマシンはお経をリピート再生するものですが、Christiaan Virantはその機械に影響を受け、自作のループを組み込んだマシンを思いついたのです。

オリジナルのBuddha Machineは7色のカラーバリエーションと9つのトラックで構成され、「New York Times」などでも取り上げられるなど、一躍話題となりました。Buddha Machine2.0は2008年に発売されピッチコントロールも装備されるようになり、ムードや風景にあわせてアンビエントミュージックをコントロールできるようになりました。楽器的な使用方法でライブパフォーマンスに利用される機会も多くなったようです。Buddha Machine3(Chan Fang 禅房)は2010年の冬に発売開始されました。中国の古典的音楽にインスパイアされたより長い楽曲が収録され、オーディオ品質もより高くなりました 。

Buddha Machineは伝説的な英国のノイズバンド、ジェネシス・P・オリッジ率いるThrobbing Gristleの目にとまり、2009年にThrobbing Gristleの新作として"Gristleism"が発売されました。

またiOSアプリでの発売も開始され話題となりました。

2012年11月からは待望の新作Buddha Machine4を発売。
8つの美しいループと蛍光色のカラーはブッダマシンの存在感を再確認できる傑作です。

デビッド・バーンやブライアン・イーノなどの大物ミュージシャンのサポートをはじめ、数多くの「スピンオフ・アルバム」も発売され絶大な支持を得ているミュージック・ガジェットの定番です。






・ Loop 02 "Da" from Buddha Machine 04. Video by Zhang Jian.
FM3 四代佛机。 第二首 《大》。 视频: 张荐。




・ Loop 04 "Gang" from Buddha Machine 4. Video by Zhang Jian.
FM3 四代佛机 第四首 《钢》视频: 张荐。




・ Loop01 from Buddha Machine 4. Loop name is "hao" 《好》. Video by Zhang Jian