一緒に購入されている商品

↓こちらに製品の詳細レポートがございます↓
http://umbrella-company.jp/buzz/dpa-4099G.html


DPAマイクロホンはどんなエンジニアさんに聴いても「アコースティックを捕らえるには最高のマイク」だと答えるほど有名なマイクメーカーです。クラシックの録音は一般的に吊マイクといってホールの天井から吊り下げた(2本、または4本)のステレオマイクで収録しますが、この用途で最も使用されているのがDPA社の4006というマイクロホンです。4006は他のマイクを圧倒する透明さと繊細な表現力を持っており、空間(アコースティック)の詳細まで明確に描き出すことのできる最高品位のマイクロホンです。多くのバランスエンジニアは数多いマイクの中から、この4006を厳しい表現力が求められるクラシックの生楽器の音、ホールの響きの収録のために選択します。結局4006が一番素晴らしいと皆口をそろえて言うほど生楽器を録音するには最適なマイクロホンです。


そんなDPAから発売されている d:vote VO4099G はアコースティックギターの響きを増幅するには最適なマイクロホンです。

DPA社のミニチュアマイクに対する技術力は素晴らしく、先にあげた4006の代わりに同社のミニチュアマイクをステレオで使用してクラシックのシビアなホール音響を録音したソースを聞かせていただいた事もありましたが、その全く隙のないサウンドに驚いたこともあります。DPA d:vote VO4099G はその優れた技術を楽器に取り付けられるミニチュアマイクに応用し、ライブサウンドでも安心して使えるようスーパーカーディオイド(超指向性)のタイプになっています。これでライブパフォーマンス時のハウリングの心配が軽減されます。


DPA d:vote VO4099G にはアコースティックギター用の取り付けクリップGC4099が付属しており、簡単にギターへの装着と取り外しができます。MicroDot→XLR3ピン変換コネクターが付属しているので、一般的なXLRのマイクケーブルでマイクプリアンプやミキサーに接続し、48Vファンタム電源で作動させます。



↓こちらに製品の詳細レポートがございます↓
http://umbrella-company.jp/buzz/dpa-4099G.html






一緒に購入されている商品

カテゴリーから探す