北京のミュージックデュオ Christiaan VirantとZhang Jianによる「ミュージックループマシン」であるブッダマシン。全世界でヒットしNew York Timesにも取り上げられました。

揺らぎと瞑想の環境音楽として、家具のように空間を「オト」で満たします。美しく反復するいくつものループが心を洗ってくれます。

再生機として、楽器として、リラクゼーションツールとして、贈り物にも最適です。

「Buddha Machine 2.0」は大ヒットを記録した「Buddha Machine Classic」に続いて発表された2008年の作品です。ブッダマシンらしい環境音楽の世界観は保ちつつ、よりゆっくりとした呼吸で作られています。

構成はボリューム、ヘッドホン出力(ミニジャック)、ループ切り替えスイッチ、そして「Buddha Machine Classic」には無かった「ピッチコントロール」が追加されました。このダイヤルによりピッチの高低を変化させられるので、テンポを気分によって変えてみたり、まるで楽器のように演奏したりもできるのです。

「Buddha Machine 2.0」のサウンドは漂うような美しい音風景。穏やかに余韻までスローな響きで表現された9つのドローン系LOOPを収録。音どうしのすきまが静けさを強調しており、押し寄せた波が引くと、心休まる静寂が訪れます。





以下よりブッダマシン(2.0)のサウンドサンプルがダウンロードできます。
http://www.fm3buddhamachine.com/site/wp-content/uploads/2008_20xx_images/buddhamachine2mp3.zip


*単三電池2本(別売)で駆動します。また電池ホルダーに電池を入れるときに少し無理に押し込むようになりますが製品仕様のため予め御了承ください。







イメージはありません。