むき出しの全裸ノイズシンセサイザー。マイク&スピーカー装備!


ノイズアーティストであり、電子工学の博士でもある Jessica Rylanのイマジネーションを詰め込んだノイズシンセサイザー。




4セクションのファンクションを備え、オンボードのノイズマイクロホンやスピーカーを搭載しています。

1、 timer/oscillator,
2、 preamp/noise generator (with onboard microphone),
3、 high-pass filter with resonance.
4、 low-pass filter with resonance.


各セクションのワイヤーを自由自在に接続していくことで無限のノイズシンセサウンドを生み出します。

また内蔵マイクをオンにすれば、マイクに向かって歌ったり、強烈なフィードバックを得ることもできます。マイクを指でこすったり、軽く叩いたりすることで濃縮されたノイズパフォーマンスが期待できます。

とろけるような甘いノイズから、かき乱すような軋み音まで、さすがJessica Rylan!と拍手したくなるような圧倒的なアートセンスが光ります。


ギズブログに詳細のサウンドレビューとサンプルビデオをアップしました!ご参照ください。http://blog.gizmo-music.com/?eid=59891



【使用方法】

9V電池(別売)をセットし、電源スイッチをオンにします。各種ワイヤーを好きなように繋いで、どの設定でどんな音がでるかお試しください。使い方のルールはありませんので、自由にワイヤー同士をコネクトして様々なサウンドを楽しんでみてください。付属のオンボードスピーカーからサウンドが出力されます(ラインアウトはありません)




スイッチ(黄色で色付けしたところ)

スイッチ1ー電源スイッチです。押しこむとON。
スイッチ2−timer/oscilator
スイッチ3ーslow/fast
スイッチ4−ノイズマイクのOn/0ff。押しこむとOFF(引いてON)


ノブコントロール(赤色で色付けしたところ)

上記イラストに日本語で役割を表記いたしました。



各種配線ワイヤー(青色の○囲み番号)

1ー Input(入力)
2−LP(ローパスフィルター出力)
3−HP(ハイパスフィルター出力)
4ーFilter Inputs(フィルター入力)
5ーFilter Inputs(フィルター入力)
6−Noise Mic Out(ノイズマイク出力)
7−Output(出力)
8−Timer
9−Trigger Input



使い方の一例 
* ほんの一例です。実際は色々工夫して様々なサウンドを発見してみてください!


1、ギズモミュージック担当おすすめ!(リズム&ノイズ)

ワイヤー【1】と【3】をつなぐ、ワイヤー【7】と【2】をつなぐ、ワイヤー【6】と【4】をつなぐ。
スイッチ2はPULL(押しこまない、引っ張られた状態。以下同様)、スイッチ3はPUSH(押しこんだ状態)、スイッチ4はPULL。ノブをあちこち回してみて下さい。


2、基本的サウンド
a)ワイヤー【7】+【1】、スイッチ2をPULL、TimerノブとVolノブを上げて、スイッチ3をPUSH
b) ワイヤー【8】+【5】、 ワイヤー【1】+【2】(LPFサウンド)
c) ワイヤー【8】+【5】、 ワイヤー【1】+【3】(HPFサウンド)
d) ワイヤー【6】+【1】、スイッチ3をPULL(マイクオン)、マイクゲインノブを上げるとハウリングがおきる。

3、応用サウンド
a)ワイヤー【1】+【2】、右手の指で【5】をつまみ、左手の指で【6】をつまむ。
b)ワイヤー【1】+【2】、ワイヤー【7】+【4】、ワイヤー【6】+【5】、スイッチ3をPULL(マイクオン)してマイクを指でこすったり、軽く叩いたりする。
c) ワイヤー【6】+【4】、ワイヤー【1】+【2】、マイクサウンドのフィルタリング




*今回分はJessicaさんに頼み込んでCE(Creative Electronics)を特別に用意してもらっています。CEは実際には生産終了品です。お探しだった方も多いと思いますのでお早めにお買い上げください。また当時の価格(1年ほど前)は確か¥15000円くらいであったと記憶しています。今回は価格も大特価ですのでお見逃し無く!



ギズブログに詳細のサウンドレビューとサンプルビデオをアップしました!ご参照ください。http://blog.gizmo-music.com/?eid=59891