タイプ
購入数

RHCPのギタリストJosh Klighofferを虜にした異端のクリエイティブ・ペダル。



世界一個性的なペダルメーカー mid-fi electronicsの名を世界に轟かせるきっかけとなった名作"clari(not)"は、Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)のシングル曲「The Adventures Of Rain Dance Maggie」で使用され、その独特なソロ・ギター・サウンドが各方面で話題となりました。






Clari(not) はエンベロープによってコントロールされる、ディレイとビブラート(コーラス)そしてワウが渦巻くような、形容しがたいサイケデリックなサウンドが特徴のペダルです。

通常モデルはクリーンタイプですが、レッチリのJoshが使用した特別なバージョンには常時オンのファズが追加されていました。現在ではその両タイプをオーダーすることができます。

従来のペダルではありえない強烈なイマジネーション。自らも一線で活躍するミュージシャンとして活躍しているデザイナー、ダグ・タトルにしか創造できない独自の世界観。アナログ・テープレコーダーのワウフラッターを叩きのめして暴走させたかのような、ディレイとビブラートが互いに渦巻いたような・・・もう何のエフェクターだか解らなくなるほどの個性的サウンド。

少し紐といてみると「ビブラート・ディレイ・ファズ」という呼び方は悪くない(JOSH仕様の場合。通常バージョンはファズなし)。mid-fi electronicsの偉いところは「極めて変態なサウンドが出せる」だけに留まらず、「普通のかっこいいサウンド」も出せてしまう所。使い方によっては控えめで印象的なコーラスサウンドを、設定を少し外せば、強烈にピッチベンドさせて揺れるピッチベンド・サウンドを演出することもできる。その並外れたサウンドは「ずれる」「すべる」「おちる」「ダブる」「はまる」「ピチる」「ワウフラったる」など、表現を統一することすらとてもできない異端中の異端。何度弾いても新たな感動がある唯一無二の存在感。


【Clari(not)Cleanのコントロール】
・Delay
・Depth
・Blend
・Tracking
・Feedback

clari(not)cleanにはFeedbackコントロールがあり、Depthを絞り切ればDelay(ディレイ・タイム)、Feedback(リピート)、Blend(Wet/Dry)コントロールによる一般的なディレイペダルとして使用できます。Depthノブをあげていくと、Trackingノブに呼応した揺れやピッチベンドを得ることができます。



Clari(not)Fuzzのコントロール】
・Delay
・Depth
・Blend
・Tracking
・Volume

clari(not)fuzzにはFeedbackノブはなくリピートは固定です。Volumeノブが追加され、常時オンとなるファズサウンドで使いやすい設計になっています。常時オンのファズはピッキングやギターの手元ボリュームへの追従性が高いため、クランチからフルボリュームのファズまで弾き手側で表情をつけやすいサウンドです。



FEATURES


・トゥルー・バイパス
・9V ACアダプター駆動(センターマイナス、BOSSタイプ)




JOSH仕様のファズバージョンと、ノーマル仕様(クリーンバージョン)の2種類をご用意!


October 2011号の"Guitar World!誌で報じられているとおりRed Hot Chill Peppers の最新アルバムではmid-fi electronicsのClari(not)が大活躍しています。このペダルボードにセットされているのはmid-fi clari(not)ですが、実はファズ回路を追加搭載した特別モデルです。Clari(not)のスペシャルバージョン(Fuzz付)は常にファズがオンの状態になるため、お気に入りの歪がすでにありClari(not)のビブラート&ディレイの効果だけを使いたいというユーザーには通常モデルのクリーンバージョンがお勧めです。

JOSH仕様のclari(not)には常にオンのファズ回路が搭載されていて「The Adventures Of Rain Dance Maggie」ではその美しくも儚いファズサウンドを常に冷静にコントロールしているのが印象的です。





Clari(not)Cleanのデモ動画











Clari(not)Fuzzのデモ動画







デザイナーのダグ・タトル氏のコメント
「新しい方法でサウンドをモジュレートすることができないかを試してみたかったのです。その結果Clari(not)が誕生しました。最初はファズバージョンのみを生産していました。レッチリのジョッシュが使用したのは初期のファズ・バージョンです。」

「私はこのサウンドはキャプテン・ビーフハートのバスクラリネットのようなサウンドだと思っています。だからClari(not)、つまり「クラリネットではない」と名付けたのです。その後多くのユーザーがファズの搭載されていないクリーン・バージョンを望んだため、今はクリーンバージョンのみを販売しています。日本の販売元であるアンブレラカンパニーにのみファズ・バージョンを出荷しています。」

「私個人的にはClari(not) Cleanが一番のお気に入りです。Clari(not) CleanのBlendはフルアップ、Depthもフル、Delayは最小にセットして、Trackは真ん中あたりのモジュレーションが最も強くかかる設定です。テープデッキが壊れたような不可思議なサウンドが得られるので、私はショーのエンディングでこのサウンドをよく使用します。クリーンサウンドでも歪みサウンドもこのセッティングは最高のサウンドを生み出してくれます!」






*mid-fi electronics製品は基本的に入荷時期によって、グラフィックデザインや色、ノブの種類などの外観が異なります。またハンドメイド品の為、細かな塗装のクラックや傷などがございます。本ページに掲載している写真は「外観の一例でモノクロ写真」となっております。現在弊社に入荷している製品の外観に関する詳細をご確認されたい場合は、別途お問い合わせください。