超話題の光センサー搭載の電子楽器 Beep-itのデラックス版!

シカゴの取り壊されたビルディングからでるビンテージ材を再利用したケースに収納されたBeep-itのデラックス・エディション。光センサーに入力される光量を検地し自由自在にアナログ」テルミンのように音階を操る新世代のガジェット系楽器。だが決しておもちゃのようなサウンドではなく、完全にプロフェッショナルなミュージシャンが使うことを前提に作られている事がすぐにわかる。エンハンス・モジュレーション(LFO)のための2つめのオシレーターも用意された本格派のシンセサイザーだ。もちろんスピーカーも内蔵していてそのまま音を出して楽しむことができる。

Unatronics Beep-it Deluxeの矩形波はまったく8bitのビデオゲームサウンドのよう。光センサーはBeep-it Deluxeのピッチをコントロールでき、サイドのノブコントロールがオシレーションのSci-Fiでリズミックな囀るようなサウンドに貢献する。光センサーは照明器具や点滅ライトに反応しランダムに、何が起きるか予想できないスリリングなサウンドを叩き出す。ディープな低域やぐねるような高域はクリエイティブな音楽で一際個性的だ。

1/4"の標準フォーンプラグを接続すれば楽器出力が可能なのでアンプやPAに送ったり、レコーディングでライン録音なども簡単にできてしまいます。

マイケル・ウノが一台ずつ丁寧に完全受注生産で組み上げるクリエイティブ電子楽器です。


Beep it Deluxe from Michael Una on Vimeo.






【最新のビンテージウッド・バージョンについて】

MP Custom MadeのMike Pendletonが新しいバージョンのBeep-it Deluxeのボックスを担当しました。Mikeは取り壊されたシカゴの古いビルディングからビンテージウッドを救い出す事によって、シカゴの熟成した森林環境を守る活動をしています。UnatronicsではMP Custom Madeの活動に賛同し、Beep-It Deluxeの筐体をハンドメイドのリサイクルウッド(約100年もの!)に変更しました!使い古された風格のあるパイン材のビンテージウッドはアフリカの民族楽器のようです。100年の年月を経た黒光りし経年変化した古材と最新型の光学テルミンの電子音の組み合わせが何とも味わい深く印象的です。