自動チューニング機能と多様なボイスアロケーションを備えるポリフォニックのMIDI to CVインターフェース


BASTL 1983は、MIDI情報をアナログのCV信号とGATE信号に変換します。MIDIプロトコルは絶対ピッチのノートを定義しているので、接続されるオシレータのベースとなるピッチが常にトーンをオフセットします。よって、MIDIを標準的なvolt/octに変換する事はなかなか難しいことでした。

1983では、シンプルな波形のオシレータ(三角波、パルス、正弦波、のこぎり波)を聞き取り(LISTEN)、それらの周波数を読み取り、ベースピッチを調整することで、MIDIノートで定義された正しいピッチのノートでオシレーターを演奏できます。正確なチューニングを7オクターブの音域で実行します。平均律、純正律、コンサートA=432Hzなどの異なるチューニングシステムが音楽で使用される場合でも、1983のμTune機能が必要に応じてあらゆるセミトーンのピッチ調整を提供します。





1983年には4チャンネルのCVとGATEがあり、これらのアウトプットをいくつかの異なるレイアウトに設定することができます。

・4×ボイス・ポリフォニー
・3×ボイス・ポリフォニー+ 1ボイス・モノフォニー
・ベロシティを備えた2×モノラルボイス
・4×モノラル・ボイス
・8×ゲート
・4×ゲートとベロシティ
・8×CCチャンネル
・4chクオンタイザー

これらの各レイアウトには、MIDI Channel、MIDI Note、またはMIDI CC Control Change(モジュレーションホイールなどのコンティニュアスコントローラ)を設定するのに役立つLEARNモードがあり、メニューから手動で設定できます。

すべてのレイアウトにおいて、チャンネルDはMIDIクロックをCLOCKおよびRESETに変換するように設定することができます。また全てのレイアウトは、MIDIピッチベンドメッセージ(レンジはSETTINGSで設定可能)と、いくつかはベロシティとアフタータッチにも対応できます。

1983の4つのCV入力を利用することで、単なるMIDIインターフェースではなく、クリエイティブな「アルペジエーター/シーケンサー」としても使用できます。これらのCV入力を使用しない場合には、1983はシンプルなコンバータとして機能します。

WINDOW・CV入力はクリエイティブなボイスアロケーションに利用できます。4つ以上のノートをレガートで弾いた場合にノートをバッファーに保存して、クロックでウィンドウ(窓)を移動させて、異なるセレクションのノートを出力できます。UPDATE・CV入力はグリッドまたはトリガーパターンに合わせて出力のレンダリングをクオンタイズすることができ、TRANSPOSE・CV入力はノートをアルペジエートしたり、シンプルにトランスポーズすることができます。PORTAMENTO・CV入力はノート間のトランジションを滑らかにつなぐ(ポルタメント)ことができます。

QUANTIZERモードでは、4つのCV入力(QA、QB、QC、QD)をクオンタイザーのCV入力として使用できます。このモードではBASTL 1983は4チャンネル仕様のパフォーマンス・クオンタイザーとして使用できます。クオンタイザーのスケールは、レガートでMIDIノートを演奏することによって決定されます。またはLEARNモードで編集することも可能です。

1983の設定はすべてプリセットとして保存することができ、10種類のプリセットを保存して、メモリから呼び出すことができます。また、1983のファームウェアは、MIDI SysEx経由でアップデートすることも可能です。


*MIDI規格は【1983年】に導入され、当時それは「FUTURE」そのものでした。



1983 Features

■4チャンネルのCVとGATE
■各チャンネルに自動チューニングのためのLISTEN入力を装備
■ボタンを1回押すだけで自動チューニングを実行(オフセット&スケール補正)
■いくつかのチューニングシステム(平均律、純正律、A=440/432 Hzなど・・)
■レイアウト・セレクション(4ボイス、3+1ボイス、2ベロシティボイス、4×1ボイス、1ボイス、8ゲート、8 CC、4トリガー+ベロシティ、クォンタイズ)
■各レイアウトは、チャンネルDの出力をMIDIクロック(調整可能なディバイダー)とリセットにマッピングで可能■MIDIチャンネルと他のプロパティをアサインするLEARNモード
■出力をクロックまたはトリガシーケンスにクオンタイズするためのUPDATEジャック
■WINDOWジャック:バッファ内のノートを使用可能なボイスにクリエイティブに割り当てます。
■TRANSPOSE CV:出力をセミトーン、フィフス、またはオクターブ単位でシフトできます
■PORTAMENTO CV:グライドタイム/ポルタメントの調整
■MIDIノートのオン/オフ、CC(サステイン)、ベロシティ、ピッチベンド、クロック、アフタータッチに対応
■オクターブ単位で各半音ごとにµチューンスケールをエディット
■MIDI経由のファームウェアアップデートに対応


Technical details
■ 7 HP
■ PTCヒューズとダイオードで保護された10ピンのパワーコネクター
■ 奥行き=24mm
■ 消費電流 +12: < 60mA, -12: <20 mA




★ 日本語製品マニュアル

http://umbrella-company.jp/manuals/bastl-instruments-1983-manual.pdf


★ 製品詳細ページ
http://umbrella-company.jp/bastl-instruments-1983.html



カテゴリーから探す