ご注意:この商品の販売単位は1個単位です!通常は2個以上で使用します。本製品は海外では10個単位のDIYキット(自分で半田付けや組立が必要)のみの販売ですが、このページでは「組立済み」のAllFleshを「販売単位1個」でご購入いただけます。限定数のみの毎回売り切りとなりますのでご了承ください。



あなた自身の指先がパッチコードになる LANDSCAPE「AllFlesh」。皮膚の伝導率によってサウンドを変化させます。

Landscapeの「AllFlesh」は、DIYキットしか販売していないので半田付けをしないユーザーには入手しにくい製品で、また作るのも結構面倒な作業になるため、面白いのにあまり普及していません。

今回、限定数のみ組み立てた完成品をご用意いたしました。どうせなので好きな数だけ1個単位でご購入いただけるようにいたしました。外注で作ってもらったのでどうしても1個あたりの組み立て費が発生していますので、自分で組み立てるよりはどうしても高くなってしまうのですが・・お許しください。


「AllFlesh」はモジュラーシステム用のパッチシステムです。それはパッチコードに代わりモジュラーをコントロールするための新しい方法で、人間の指で触れることでモジュラーの端子間を接続します。あなた自身がパッチコードであり、モジュレーションをトランスファーします。あなたの指先がマルチプルであり、アッテネーターになります。指先を押し付ける圧力をコントロールしてピッチベントを行うなど、インタラクティブなパフォーマンスが可能になります。

あなたの体は点と点の間に一定量の抵抗を引き起こし、その両方(または複数の点)と接触している皮膚の量が抵抗をさらに変化させサウンドに影響を与えます。それ以上の不安定性は時々あなたの体から導入されたRF干渉によっても引き起こされます。

AllFleshのサイズと形状により、指の圧力を大幅に変えることができ、パッチケーブルを使用するのと同じようにAllFleshを利用することができます。しかしAllFleshを使用することは、パッチケーブルを使った接続とは大きく異なります。それを使用する人によって触れ方が違うのはもちろん、一人一人の皮膚の伝導率は異なるため、演奏者によって音色やシーケンス、ピッチやスピードが異なってくるのです。

特定の皮膚伝導性、モジュール、システムに最適なものを見つけることは、それを使用する個人によって様々なものとなります。




















カテゴリーから探す