ドローンシンセサイザーの最高傑作!Grendel 「Drone Commander Classic Pedal」。強烈な個性を持ったサウンド!


Rare Waves社が製造する Grendelブランドの「Drone Commander Classic Pedal」は、2008年〜2014年まで製造され、一部のマニアの間で話題になった、弾薬箱に入ったオリジナルのドローン・シンセサイザー「Drone Commander」の復刻版です。

オリジナルと同じサウンドとファンクションを搭載し、味わい深いファットなシンセドローンを、リズミックなスウィープ・モジュレーションと、独特なアナログ感を強調したフィルターで彩ります。さらにオリジナル機以上の周波数レンジに拡大され使いやすくなっています。





「Drone Commander Classic Pedal」の2つのオシレーターは、Grendelならではのオーガニックな太さに溢れ、各オシレーターごとにピッチと波形(矩形波または三角波)を設定でき、MIXノブでミックス比を調整できます。

LFOモジュレーションは、フィルターをスイープするランプ波形がベースになっています。SHAPEスイッチで立上りまたは立下りのスロープに設定でき、SHAPEつまみでLFOサイクルごとにクリックモジュレーションをクロスフェードできます。また、LFOをトラッキングし、2/4/8/16倍の周波数で自動的に同期する、独自のフェイズ・ロック・ループ(PLL)を装備しており、PULSEノブでフィルター変調のデプスを調節します。

ストンプ・スイッチは一般的なミュートスイッチとしても、フェードイン/フェードアウトにも設定できます。パフォーマンスの特定の部分にアナログ・サウンドのドローンをハンズフリーにて演出できるため、ギタリストがペダルボードに組み込んでも良いでしょう。

また、Grendel Drone Commanderのトップ面には3.5mmミニジャックのパッチポイントが装備されており、「AUDIO IN」(ライン入力)に外部オーディオ信号を入力し、フィルターとLFOを使用したサウンドエフェクトを利用することもできます。その他モジュラーなど外部機器とのアナログクロック同期のための「CLOCK OUT」、外部CVからFILTERを制御できる「FILTER CV IN」、本体のオン/オフを外部信号から切り替えられる「GATE IN」などを備えています。「AUDIO OUT」は標準フォンジャックの出力です。

Grendel Drone Commanderは、ペダルボードに収まりやすいサイズになっており、一般的なギターペダルと同じ9V外部ACアダプター(センターマイナス、別売)、または9Vバッテリーで駆動できます。


ドローン・シンセ・サウンドの可能性を究極にまで追求した、機能・音質共に完成度の極めて高い、たいへん満足度の高い製品です。
有機的なアナログサウンド、強烈にかかるフィルター、外部機器とも繋がる拡張性などなど、単調になりがちなドローンシンセの概念を打ち破る傑作。つまみを触った瞬間にイマジネーションのベクトルが全方向に拡がります。数々のドローンシンセを試してきましたが、間違いなくトップクラスの実力。大推薦。



★ 製品の詳しい説明や、マニュアルの日本語翻訳(動画付き)は以下をご覧ください
http://umbrella-company.jp/contents/grendel-drone-commander-classic-pedal/


★ 9V電池1個(別売)、またはDC9VのACアダプター(極性=センターマイナス)(別売)で動作します。
ACアダプターはギターエフェクターで一般的なセンターマイナス(BOSSタイプ)がご利用いただけます。

9Vアダプターはこちらでも販売しています。
http://www.gizmo-music.com/?pid=114449595





カテゴリーから探す