クリエイティブなノイズ・ドローン・シンセに人気機種の多いJMTSYNTHから、より自由度が高く、モジュラーシンセなどとのコンビネーションも素晴らしい「DNVO-1a (Gizmo-Music Edition)」が登場!白のアクリルパネル仕様、Gate In端子増設など魅力を増したギズモミュージック特別仕様です。


↓BASTL INSTRUMENTSのCV TrinityのCVでモジュレートしています。



メインのVCOに対して、5つのモジュレーションを適応でき、凶暴なノイズ仕様のフィルター経由でアウトプットされます。

SUB1〜SUB3までのサブオシレーターはそれぞれにオン/オフ・スイッチがあり、それぞれ異なる周波数帯域の範囲に設定されており、ノブでモジュレーション周波数を可変できます。それぞれ強烈に音を歪めて有機的なノイズの洪水を降らせます。

さらにNOISEノブではメインのVCOにノイズによるモジュレートを適応することができ、絶頂感を感じるポイントをノブで調整できます。

5番めのモジュレーターは「WAVE GENERATOR」で、WAVE ONスイッチで有効にできます。「WAVE GENERATOR」は、WAVE LEVELノブで周波数を調整でき、ATTACKノブとRELEASEノブ、トリガースイッチ、Trigger1〜Trigger3までのノブを駆使して、周期的でリズミックなビブラートやピッチベンドをクリエイトできます。ランダムでリズミックなリズミックなベンド、長い周期のアップ・ダウンも自在に調整できます。ノイジーなサウンドに組み合わせることで単調にならない、リズミックな要素をプラスしたノイズシンセ・サウンドとなるのでかなり実践的です。



トリガーのタイプを変更できるスイッチは、 DNVO-1a (Gizmo-Music Edition)では3タイプの切替を用意しています。
一番上はMIXポジションでTrigger1〜Trigger3までのノブで決定されたそれぞれのタイミングをミックスしてVCOに送られます。
一番下はREPEATポジションで規則的なリズムを作り出しVCOをリズミックにモジュレートします。
真ん中はGATEポジション(OFFポジション)で、内蔵エンベロープジェネレーター型のLFOを、Gate In端子に入力された外部ゲート信号から作り出せる特別なモードです(Trigger1〜Trigger3をオフにしてGate In端子に入力されるゲート信号からトリガーを作る)。例えば外部のシーケンサー・モジュールなどからゲート信号をが入力されると、その波形をATTACKノブとRELEASEノブで調整してから、オシレーターに送ることができます。

また、CV IN端子が追加されていますので、外部モジュラーや機器からのCV OUTを接続して、VCOを外部CVからモジュレートすることが可能です!



全てが直感的に、かなり複雑なサウンドまで作りこめ、さらに外部のモジュラーシンセなどとのコネクションが可能になるため、JMTSYNTHのオーガニックなノイズを描く、アナログ・シンセサウンドを様々な表情で楽しむことができます。盛りだくさんな傑作ノイズ系シンセサイザーに仕上がっています!









DC9V(センター・マイナス)タイプの電源アダプターで駆動します(別売)。
以下のアダプターがお勧めです。
http://www.gizmo-music.com/?pid=114449595









カテゴリーから探す