パネル
購入数

BASTL INSTRUMENTS 「DYNAMO」エンベロープフィルター/コンパレーター /ボルテージ制御スイッチを統合する”ダイナミック・アナライザー”。コンプレッサーや “(F)TZM” の構築にも便利。




Bastl InstrumentsのDynamoは、エンベロープフォロワー、コンパレーター、ボルテージ制御スイッチの3つの機能を合体させたユーティリティ・モジュールです。機能を組み合わせることで「コンプレッサー」や「フェイク・スルーゼロ・モジュレーション」と呼ばれるテクニックも得ることができます。

エンベロープフォロワーとコンパレーターを使用してエンベロープからゲート信号を抽出できます。全波整流器出力(音量の強弱を検出するための「正電圧」のコントロール信号を出力する)の|EF IN|も備えており、さらにCompressor CVの為のカーブジェネレータも装備されています。

Compressor CV信号、をオフセットノブとアッテネーターノブのあるVCAモジュール(例えばBASTL INSTRUMENTSのQUATTRO FIGARO)のCV INに接続するとコンプレッサーが構成できます。DynamoのThresholdノブはコンプレッサーのスレッショルドを、VCAのオフセットはコンプレッサーのゲインを設定し、CVインプットのアッテネータはコンプレッション・レシオを設定できます(マイナスのレシオも設定可能です)。VCA、チューブモジュール、VCFなど、ラックから来るものすべてからコンプレッサー効果が得られます。

また、Dynamo特有のトリックに全波整流器とコンパレータを組み合わせたボルテージ制御スイッチがあります。それらはすべて内部接続されていて「フェイク・スルーゼロ・モジュレーション」を作り出すのに適しています。ネガティブ・モジュレーションとCVのゼロクロスポイントを調整することで、非常に興味深いモジュレーションの世界があなたを待っています!




Features

■ パッシブにマルチプル接続された2つのエンベロープフォロワー端子
■ 反転および非反転が用意されたエンベロープフォロワー出力
■ 全波整流出力の| EF IN |アウト端子
■ LEDで視覚的に確認可能なコンプレッサーCV出力(エンベロープがスレッショルドよりも大きい場合は負電圧のみ)
■ THR-EF出力はコンプレッサーのCVと似ていますが、正の電圧になる可能性があります – コンプレッサーのダイナミクス曲線全体を傾けます(スレッショルド値を超える部分だけではありません)。
■ 選択可能なエンベロープフォロワーのリリースタイム (Short, Mid, Long)
■ エンベロープフォロワーの出力はコンパレータ入力にノーマライズ(内部接続)されています
■ Thresholdつまみ、Threshold CV、入出力のあるコンパレーター
■ コンパレーターの出力はボルテージ制御スイッチのGATEに内部接続ノーマライズされています
■ ボルテージ制御スイッチは双方向(バッファなし)のAまたはBスイッチ
■ ボルテージ制御スイッチのスレッショルド値は約1.5V
■ ハイゲートの場合、B端子の信号は、AorB端子に接続されます(それ以外の場合はA端子です)
■ 信号Aは反転され、信号Bにノーマライズされます(バイポーラVCAのエミュレーション、または他の波形整形を簡単に実現するため)
■ 5HP サイズ
■ 10pin パワーコネクター
■ 35mm 奥行き
■ 消費電力: +12V: <30mA, -12V: <35 mA


★製品詳細ページ
http://umbrella-company.jp/bastl-instruments-dynamo.html


*ハンドメイド品につき、写真と実際の外観が異なる場合もございます。あらかじめご了承ください。



カテゴリーから探す