トランスペアレントな歪みの表現性、
銘機を継承したオーバードライブ。




Warhorn(ウォーホーン)はミッドレンジのオーバードライブです。パンチ感のあるリズムから、スモーキーなテキサス・ブルース系のトーンまで、幅広いトーン・キャラクターを操ります。

2ポジションのクリッピング・タイプはトグルスイッチで切り替えが可能です。Warhornの明瞭な音の輪郭や立体感は、オーバードライブ・サウンドにドライ音をブレンドすることで達成されており、そのブレンドの割合は、それぞれのスイッチのポジションごとに絶妙なチューニングが施されています


スイッチ上側のポジションは対象なクリップ波形を持つ、コンプレッション感の強いブルージーなトーンです。ドライ音の割合は大きくなり、深く歪ませてもサウンドは瑞々しさを保っています。銘機 “Mayflower”のサウンドを継承したトランスペアレントな歪の表現性が特長です。

スイッチ下側のポジションは非対称クリッピングによる、「さらにオープンなトーン・キャラクター」を持つサウンドです。オーバードライブ・サウンドの割合が大きいので、よりパンチ感のあるダイナミックなサウンドを特長としています。

Level、Drive、Bass、Trebleの4コントロールが、オリジナルのトーンを保ちつつも、さまざまな調整とトーン・シェーピングを可能にします。

美しい「プリズムゴールド」エンクロージャーに、ホワイト、クリーム&ブラックのインクを使った、「戦いの角笛」のアートワークは気高く、本来のギタートーンを美しく彩る”Warhorn”オーバードライブを象徴しています。









製品の詳細
http://umbrella-company.jp/walrus-audio-warhorn.html