シンク(同期)の問題を一度に全て解決できる高精度ツール。

ドイツを拠点にするE-RM(Erfindungsburo Rest & Maier)が開発するmulticlockはスタジオやステージ上で常に起きているシンク(同期)の問題を一度に全て解決できるツールです。

DAWシステムとmulticlockの同期では、サンプル精度のタイトで正確なオーディオ・クロック・ストリームを実現できます。また、スタンドアローンのクロック・ジェネレーターとして、または各種クロック(MIDI、DIN、アナログ)におけるマスタークロックとして統合的に利用ができます。



*現在は本国でUSB付モデルのみの販売となりました。



製品ページ(日本語の取扱説明書)はこちら
http://umbrella-company.jp/e-rm-multiclock.html